不倫相手への慰謝料請求

既婚者だと本当に知らない場合もあるが、知らなかったふりをすることもある

浮気相手が既婚者だと知っているケースもあれば、知らなかったというケースも実際にはあります。ただ、既婚者だと本当に知らないのか、それとも知っていても知らないふりをしているのかを判断することはその証拠を得なくては、裁判で有利に働き掛けることができません。本人たちの証言だけでは「知りませんでした」と言ってしまえばそれまでなわけですから、知らなかったというふりをされる不倫カップルもいるのが現状です。既婚者であることを知っていたのか、知っていなかったのか、その状況によって裁判の内容も変わってきます。

 

メールでのやりとりで既婚者だとわかる発言などがあれば

本人たちの証言だけではなく、既婚者だと知っていたかどうかの証拠を得るにはメールやLINE、SNSなどで行われた発言がとても重要となってきます。やり取りが残っていれば、その発言から既婚者であることを知っていたことがわかるような文面を探し証拠として突きつけることができます。ただ、携帯電話は個人情報の集まりであり、最近は積極的にロックをかけている方も増えてきています。もちろん怪しいことをしていて見られないようにするためにロックをかけている人もいれば、仕事柄、盗難や紛失してしまったときに個人情報が漏れないようにロックをかけている人もいますので一概には言えませんが、とにもかくにもロックを解除しメールやLINEのやり取りを見る、証拠として取ることが先決となります。

 

社内不倫は既婚者と把握していると判断される

不倫と一口に言っても、出会い方はいろいろです。ですので、既婚者であるかどうかが本当にわからなかったというケースも考えられるわけですが、社内不倫となると話は別です。社内不倫の場合、既婚者であるかどうかを知っていることが多いと判断されるため、既婚者だと知っていて不倫をしたと判断されることがほとんどです。ですので、いくら知らない、わからなかったと言っても、仮に実際にそうだったとしても社内不倫の場合は、逆にそれが証明できない限りは把握していると判断されるのです。大きな企業で1つのビルにいろいろな課があって知らない人の方が多いという場合、一般的な企業に比べると既婚者だと把握することが難しいこともあるため必ずしも既婚者であると判断されるわけではありませんが、それでも知らなかったでは済まされないことの方が多い傾向にあります。

 

慰謝料請求しない代わりに別れさせるという選択も

仮に、既婚者だと知っていて不倫をしていた場合、証拠をつかんで慰謝料をしっかりもらって離婚されるケースも多いですが、証拠をつかんで別れさせるもしくは自分は離婚せず不倫相手から慰謝料をもらうというケースもあります。家庭があって子供がいるケースでは、離婚に踏み切る方がいいことばかりではないため、証拠をつかんでおいて後々離婚することにするにしても、とりあえずは別れさせるために証拠を入手するという方法もあります。浮気をしていたのがわかって、もう一度何もなかったときのようにやり直せるかといえば、難しいところもあるかもしれません。ですが、離婚したからといってそれが本当に正解なのかどうかもわからないのが現状です。つまり、証拠だけは取っておいて白黒はっきりさせておく、それから別れさせるのみに徹するのか、とりあえずは現状を保っておいて別れさせ慰謝料を請求するのか、やはり離婚に踏み切るのか。実際には答えをすぐに出すということは難しいものですが、不倫をしていた証拠をつかむことでどういう方向に進んでいけばいいのかを真剣に考えていくことができます。

 

⇒即日対応OK!おすすめ探偵2社を比較!