肉体関係の証拠

確実な証拠があると慰謝料を取れる

慰謝料を確実にもらうためには、やはり証拠があるほうが有利となるのは言うまでもありません。浮気相手であるパートナーとのやり取り、食事をしている最中の写真、抱き合っている写真などが証拠写真となることもありますが、実は、これは浮気の証拠とならないケースがあることを知っていますか?立証能力が高い証拠を得ておかないと、慰謝料を確実に取ることができないのです。男女がどこかで二人きりで会っていたとしても、確固たる証拠がなくては浮気とは言えないからです。あくまでも不貞行為があるかどうかが焦点となりますから、体の関係があるかどうかがポイントとなります。ホテルに入っていくところや出てくるところの写真だったり、メールなどのやり取りから体の関係があることがわかり、それを入手することができればいいのですが、浮気をしている側も証拠をつかまれないよう細心の注意を払っていますのでなかなか手に入れられないというのが現状にあります。

 

肉体関係(不貞行為)の証拠になるもの

慰謝料が欲しいのであれば、法的に効力を発揮する証拠を取っておかないといけません。中でも肉体関係があったであろう有力な情報や証拠というのは慰謝料をめぐる裁判や話し合いにおいてもとても大切なものです。しかしながら、法的にはラブホテルへの出入りが1回のみでは証拠の効力というのはあまり強くありませんので、2回〜3回以上出入りしている写真があるといいでしょう。どんな状況において待ち合わせをしてホテルに入って行ったのか、ホテルの滞在時間などもかなり重要なポイントとなります。最低でも40分は入室していたという証拠を得ることができなければ肉体関係があったとは認められないケースも出ています。もちろん、相手のアパートに通うなどのケースも考えられるため、そのような時は最低でも5回以上の証拠となる写真を用意すると裁判の際にかなり有利となります。ただ、パートナーと浮気相手がホテルに入ったりアパートで二人きりの時間があり肉体関係がないと言っても、なかなか出てこないケースにおいては肉体関係があったと扱われることもあります。

 

探偵を利用する人は慰謝料を確実に取るためと割り切った人も多い

パートナーが浮気していると確信があったとしても、残念ながら浮気の確固たる証拠を得ることが難しいのが現状です。離婚を優位に進めるためという方もいますが、慰謝料をパートナーと浮気相手から取るために探偵を利用するという割り切った考えをもっている方も近年増えてきています。また、パートナーとは離婚をするつもりは今のところなくても、後々のため、浮気相手からは慰謝料をもらうために探偵を利用して浮気の証拠を入手されるという方もいます。様々な事情をもって探偵に依頼されているわけですが、もちろん依頼するにあたって費用は発生するものの、慰謝料をきちんともらうことができればマイナスになるということはほとんどありません。自分で浮気の証拠が得られない、取ることが難しい状況にあるのであれば探偵を利用して浮気の証拠を得ることを検討してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

⇒即日対応OK!おすすめ探偵2社を比較!