プロの探偵浮気の証拠

メール(ライン)などの証拠集めくらいは自分でできる

配偶者が浮気をしているなと感じたら、離婚を考えるにしても関係修復を図るにしても、何らかのはっきりとした証拠を握ることがとても重要です。証拠がないとうやむやにされてしまいますし、逆ギレされて関係が悪くなって終わりということもあるからです。浮気の証拠となるものはいくつかありますが、配偶者のスマホの中身というのは、不倫相手との会話や写真などが収められていることが多いために、浮気を発見するのに役立ちます。実際に配偶者の浮気に気づいたのは、スマホのメールやLINE、写真などを見ることによってというケースがたくさんあります。こうしたメールやラインなどの証拠集めは自分でもすることができますので、もし何らかの疑惑を感じたら、配偶者のスマホをチェックすることができます。

 

誰と会っているか程度の尾行はできるがバレたら面倒

そして、なによりの証拠となるのは、実際に不倫相手と会っている現場を押さえることです。メールやラインのやり取りだけでは、具体的な浮気の内容を証明することができないことも多いので、証拠としては不十分なこともあるからです。特に離婚調停や裁判になった時には、こうしたスマホの情報は明確な証拠として採用されるケースがそれほど多くなく、効力という意味では弱いものなのです。

 

そこで、誰と会っているかということを知りその証拠を取るために尾行をするという方法を採ることも可能です。こっそりと配偶者の後をつけて相手との現場を発見するというのは、尾行の経験がない素人であってもできますが、リスクが伴いますので慎重に行動すべきでしょう。まず、配偶者に顔を知られていますので、探偵に依頼するよりはるかに尾行の難度が高くなります。また、万が一尾行が見つかってしまった時、逆キレされてしまって関係が一気に悪くなる可能性が大ですし、それ以降の浮気をかなり慎重にするようになってしまいますので、証拠集めがさらに難しくなるというデメリットもあります。

 

決定的な証拠写真や動画などは素人には難しい

そして、浮気の現場を押さえたとしても、その状況を客観的に証明するような証拠を得る必要があります。その場を見たといくら言っても、写真や動画などの証拠がなければ意味がないのです。しかし、至近距離から撮影をするわけにはいきませんので、素人でははっきりとした写真を撮るのは難しいものがあります。また、単に二人がいたという状況の写真を撮っても、それが浮気であるということを証明するようなものでなければ、明確な証拠とはなりません。

 

証拠写真などの撮影はプロに任せたほうが良い

こうしたことから、浮気現場の証拠写真を撮るのはプロに任せるのがベストでしょう。遠距離からの撮影であっても、二人の顔がはっきりと分かるように、質の高い機器とテクニックを駆使して撮影を行いますので、はっきりとした証拠を手に入れられるのです。またアングルにも気を使い、二人がどのようなシチュエーションでどこにいたかをすぐに分かるように撮影しますので、裁判などでも利用できるような明確な証拠写真を撮ることができます。

 

探偵は安くはないが、慰謝料取る気なら利用価値は大きい

こうしたプロのテクニックを頼ることにはメリットがあります。確かに探偵に依頼するとなるとそれなりの費用がかかりますが、そのコストに見合った質の証拠を取ってきてくれます。また、得られた証拠を基にして調停をしたり裁判にしたりすることによって、自分に有利な慰謝料の請求ができるようになりますので、たとえ調査費用にコスをかけたとしても十分利用価値があることになります。

 

⇒即日対応OK!おすすめ探偵2社を比較!