不貞行為の決定的証拠

浮気を認めてても裁判になったら認めない可能性もある

二人で話し合っているとき、もしくは第三者を交えて話し合いをしているときに浮気をしていたということを認めていたとしても、話し合いがまとまらず裁判に発展した際、認めていた内容を裁判でくつがえすという可能性も少なくありません。話し合いの時点で浮気をしている事実を認めない場合、その多くが裁判となります。が、認めていたとしても子供の親権などが絡み裁判に発展することもあり、その際に少しでも子供との接点を取り付けるために、親権を手に入れるために浮気を認めない、していないと証言する人も実際にいます。なので、裁判の際は不貞行為をしていたという証拠をしっかりとつかんでおくこと、手に入れておくということが大切です。

 

裁判のための証拠が欲しいから探偵を利用する人も多くいる

離婚問題が裁判に発展した場合、どちらも自分が有利となる方向へ話を進めたいと思うものです。また、浮気をしたことが原因となって離婚するような時は、やはり証拠がどれくらい揃っているかが論点となります。証拠がそろっていればいるほど、浮気をした側から慰謝料を請求することができますから、やはり証拠を取るということはとても重要なわけです。しかしながら、浮気をしている側もバレないように入念に行っているわけですから、素人が証拠を取るということが難しいケースも少なくありません。そのために、自分では取れないであろう証拠を取るために探偵に依頼される方も実際にはたくさんいるのです。浮気をしていることを白黒させるというのではなく、裁判のときの証拠として出すために費用をある程度かけて探偵に依頼するのです。もちろん慰謝料がしっかりととれれば、探偵に依頼した費用の分以上にもらえる可能性も十分にありえます。

 

明らかに肉体関係があるようなメールのやりとりも証拠になりうる

パートナーが明らかに浮気相手と肉体関係があるやりとりがメールなどに残されていれば、それも十分な証拠となりうることがあります。ただ、最近は携帯電話にロックをかける人も
増えてきています。個人情報のかたまりですから、紛失した時や盗まれてしまったときに情報が漏れないよう、仕事柄ロックをかけている人もいるでしょう。なので、ロックをかけている=浮気しているとは限らないのが現状ではあるものの、ロックがかかっている状態でメールやLINEの内容を確認しようという方が無理があります。黙ってみることはもちろん、下手にいじってしまってロックが解除できなくなってしまう恐れもありますので、勝手にパートナーの携帯電話をいじるということもおススメできません。しかしながら、裁判の証拠としては有利になることも多いですから、やり取りがわかるに越したことがないというのが現実です。

 

ラブホテルの出入りやキスシーンなどがあると有利

携帯電話からの情報入手が難しい場合、やはり一番いいのがパートナーがどういう行動を起こしているのかを写真なりで撮影しておくという方法です。ラブホテルの出入りはもちろん、車中で密会している写真、キスシーンなどの写真が撮影することができればかなり裁判では有利に働きます。ただ、写真を撮るために自分自身が尾行をしなくてはいけないわけで、果たしてうまくいくかといえば行かない可能性も十分にあり得ます。写真を撮るために尾行したにもかかわらず、現場を見てしまったがために押しかけてしまうケースもあるからです。ですがそのような時でも探偵というプロに依頼しておけば、証拠となる写真などをしっかりと入手することができる可能性がぐんと高まるわけです。自分では尾行することが難しい時間帯であっても、探偵に依頼すれば顔も割れているわけではないですから、バッチリ浮気の証拠となる写真を撮影し裁判の際に提出することができるのです。もちろん費用はかかりますが、確固たる証拠が得られ慰謝料がもらえれば決して高いというわけではないのかもしれません。

 

⇒即日対応OK!おすすめ探偵2社を比較!