安く探偵に調査依頼

情報が多いほど探偵も調査しやすい

パートナーが浮気をしている、怪しいと思うようなことが重なった時、まずは自分でできる証拠探しをする方がほとんどです。もちろん、そこから見つかる証拠というのは大きなものではないかもしれません。ですが、そういった小さな情報というのは探偵に依頼するときに役に立つこともあります。探偵もまったく情報がゼロの状態よりも1や2でも少ない情報があるだけでも行動パターンを読んだりしながら証拠探しをしてくれます。たとえば、ナビの履歴を見て一緒に行った記憶もないのに頻繁に通っている場所、行っている場所などの情報も探偵にとっては行動パターンを読む一つの情報源となります。

 

調査にかかる時間が少なければ料金は安くなる

探偵を雇うのに、当然のことながら事務所によって料金は異なるものの費用は必ず発生します。ただ、どの事務所にも共通して言うことができるのは調査をする時間が少ない、追跡する日数が少なければ少ないほど、探偵事務所に支払う費用というのは安くなります。つまり、効率よく証拠を得るために、またそれを実現するためには自分で入手することができる情報を小さなことでも入手しておくということです。浮気相手をしていること、またしていることはわかっていても相手が誰だかわからないような時も、怪しい相手というのが何となくわかるケースもあります。実際は間違いかもしれませんが、そういった情報も有効です。

 

行動パターン・怪しい日や時間などがわかると調査時間は減る

たとえば、毎週水曜日は帰宅が遅くなった、昼間のこの時間帯に連絡がつかなくなった、月2回か3回は休日出勤をする時が出てきたなどといった怪しい行動パターンや時間、曜日があればそれも探偵にとってはとても重要な情報源となります。もちろん、本当に仕事なのかもしれないですし、内緒で習い事をしているだけなのかもしれません。しかしながら、今までとは違った行動をとるようになったり怪しい時間帯が出てきたときというのは、何かしら隠し事をしていることも少なくありません。ですので、確実に浮気をしているであろう情報ではなかったとしても、おかしいなと思う時間や曜日があるのであればそれを探偵に伝えることで証拠が早くつかめますし、調査時間を減らすことができるというにつながります。

 

浮気の真偽確認だけ、証拠を取るなど目的に合った依頼をしよう

探偵に依頼すると一口に言っても、白黒をはっきりさせるために証拠を取りたいという方もいれば、離婚をするための証拠が欲しいという方などいろいろです。探偵に依頼=すべてが離婚するためというわけではありません。後々離婚することになるにしても、現時点では浮気相手から慰謝料を取るためだけに証拠が欲しいというケースも実際にはあります。探偵というのは目的に応じて利用することができます。それによって費用も少なく済むことも時間も削減できることもあります。

 

依頼についてだけでなく、予算についても相談に乗ってくれる

探偵といえば、浮気などの証拠を取るのが仕事というイメージが強い傾向にあります。もちろん、それが仕事ですから間違っているわけではありません。しかしながら、探偵を依頼するのにかけられる費用についても相談に乗ってくれます。いくらまでしか出せない、○○円の予算の中で依頼したいという要望に応じて対応してくれます。もちろん事務所によりけりなところもありますが、良心的で親身になってくれる探偵事務所であれば依頼の内容も含め費用についてもできる範囲で提案をしてくれます。不安なことわからないこと、聞いておきたいことなどきちんと答えてくれる事務所であれば、仕事もしっかり行ってくれるものです。

 

⇒即日対応OK!おすすめ探偵2社を比較!