離婚したくない

離婚や慰謝料請求以外の浮気調査依頼も多いようだ

何も浮気の証拠を得て離婚をするために探偵を依頼されている方ばかりではありません。もちろん、そういう方が大半を占めていますし慰謝料をがっぽりもらうために確実な証拠を取りたいという方もたくさんいます。しかしながら、探偵事務所に訪れる方の中にはそういう考えではなく、離婚うんぬんは置いておいて浮気相手と別れさせるために探偵に依頼されている人も最近は増えてきています。家族を守るため、パートナーにまだ愛情があるという方が多い傾向にはありますが、子供がいるご家庭というのは離婚するしないはとりあえずおいておいて、浮気をしている証拠をつかんで浮気相手と別れさせることが先決であると考えている方もいるくらいです。

 

浮気相手への慰謝料請求

もちろん、浮気の証拠を得るのにタダというわけにはいきません。依頼した時間、日数によって依頼した費用というのが発生します。別れさせるためだけに証拠を得るのですが、パートナーではなく浮気相手から慰謝料を請求するために証拠を取る人もいます。慰謝料が浮気相手からもらえれば探偵費用も十分出せますし、当然のことながら別れさせることができます。証拠もなく浮気をしていることを追求したとしても認める人は早々いません。ましてや浮気相手が誰かなんて言う人もいるはずないのです。そういった意味ではやはり、探偵に依頼することで得られる証拠写真や情報というのはとても重要な役割を果たしてくれるわけです。浮気をしていないなどと言い逃れることができないくらい鮮明な証拠を突きつけることができるわけですから。

 

社内不倫は会社にバレることを嫌がり別れることも

異性との出会いで最も多いのが職場です。社内不倫をするケースも年々増えてきていますが、かなりリスクが高いのは言うまでもありません。なぜならバレてしまったら二人とも最悪の場合退職せざるを得なくなってしまうからです。なので、バレることを嫌がって証拠写真をつきつけただけで別れてくれることもあるのが社内不倫の特徴の一つです。ただ、同じ社内にいればまたどこかでつながってしまうという可能性も否定できません。焼け木杭には火が付き易いといいますから、再燃する可能性だって十分にあるわけです。社内不倫をしている者にとって、不倫をしていたことがバレて追い込まれることほど恥ずかしくみじめなものはありません。本当にそうするかは別として、脅すためのツールの一つに証拠写真を突きつけるという方法は十分有効に働いてくれるものとなります。

 

別れるにしろ、別れないしろ有利な立場にたったほうがいい

浮気をしていたからと言って、離婚をするかしないかはその後の話し合いにもよります。いずれは別れるかもしれない、でも今は別れるつもりはないという方もいるでしょう。ただ、別れる別れないはおいおい考えるとしても、やはり有利な立場に立っていて損をすることはまずないのです。特に浮気や不倫といった問題は、された側が有利になることがほとんどです。加えて慰謝料を請求するとなればやはり、十分に証拠をつかんでおくということがとても大切です。今すぐに離婚をするつもりはなかったとしても、おいおいそれが原因で離婚せざるを得ない夫婦関係になってしまうことだって少なくありません。そういったときでも、有利な立場で話し合いを進めたり裁判を進めるためには証拠をしっかりととっておくということは基本中の基本となります。